2015年にリニューアル発売されたバンビウィンクは、日本初のまつ育専用サプリメントです。

まつ毛美容液と違い内側からまつ毛のケアができるアイテムとして口コミで話題になっています。

バンビウィンクの成分は

まつ毛が全て生え変わるには約3ヶ月〜4ヶ月かかると言われています。

バンビウィンクはまつ毛の毛周期に合わせて、最低でも3ヶ月間1日2粒飲み続けることが勧められています。

ビューラーやまつ毛エクステに頼ることなく、自まつ毛を育毛することができるバンビウィンクにはどのような成分が含まれているのでしょうか。

ポリアミン

バンビウィンクの主成分は「ポリアミン」です。

ポリアミンは多く摂取することで育毛剤にも使われているミノキシジル以上の効果があり、細胞分裂を助ける成分の一つになります。

健康な毛を育毛するためには毛根を丈夫にする必要があり、ポリアミンが毛根に効果のある4つの作用に効果的に働きかけることによって、毛根を丈夫にし健康なまつ毛を育毛します。

通常ポリアミンはアミノ酸とともに体内でつくられる成分ですが、加齢とともに量が減少するため食事やサプリから補うことが必要です。

バンビウィンクに配合されているポリアミンはポリアミンを多く含んでいる米胚芽から抽出されたもになります。

ビオチン

まつ毛美容液にも使用されているビオチンは、ポリアミン同様細胞分裂や新陳代謝に必要な栄養素の一つです。

まつ毛だけでなく毛髪やエネルギーの代謝、肌や粘膜を維持するために重要な成分です。

バンビウィンクにはビオチンが1日に必要な量の約10倍含まれていますが、水溶性のビタミンのため不要なものはすぐに体外へ排出され過剰症の心配はありません。

健康な自まつ毛を育毛するためには必要不可欠な栄養成分といえます。

亜鉛

ポリアミンのサポートとして配合されているのが亜鉛になります。

人体にとって必須ミネラルの一つで体内で作り出すことができないため、食事やサプリで補う必要があります。

まつ毛の主成分はタンパク質になります。

亜鉛を摂取することでタンパク質の代謝を促すので、日々の化粧などで傷んだまつ毛を修復してくれます。

ビタミンB2・ビタミンB6・葉酸

この3つはビオチンをサポートする成分として配合されています。

ビオチン同様水溶性のビタミンです。

タンパク質の代謝に欠かせない成分で体内の細胞のバランスと整え、まつ毛に栄養が行き届きやすい環境と作ります。

ビタミンC・カロテン・ビタミンE

還元ビタミンとされており、体内の酸化還元反応に関与しコラーゲンの生成と保持する作用があります。

またカロテンは、日々のメイクなどで負担がかかっているまつ毛の粘膜や皮膚を正常化にする効果があります。

カルシウム・モリブデン・ヨウ素・セレン・マグネシウム・銅・マンガン

体の調子を整えるに必要な各種ミネラルになります。

体内から作り出されることはないため、食事やサプリから補う必要があります。

ビタミンCなど一緒に摂取すると、吸収率が上がる栄養素もバンビウィンクには含まれています。

L−シスチン

アミノ酸の一種であるL−シスチンが不足すると、切れ毛や抜け毛の原因になるためまついくにとって重要な成分になります。

サプリメントである理由

これだけたっぷりの栄養素が詰まったバンビウィンクですが、まつ毛美容液と併用することで外側と内側から栄養をまつ毛に送り込むことができ効果がより期待できるといえます。

まつ毛美容液に含まれる育毛成分は、目の粘膜や皮膚からも浸透することができますが一部しか吸収することができません。

そのためサプリメントで内側からまつ毛に良い栄養素を送り込む必要があります。

自分に合ったまつ毛美容液を使用しないと、被れたり色素沈着を起こす恐れがあるので注意が必要です。

バンビウィンクの成分はまつ育にぴったりでした

このようにバンビウィンクには、まつ毛にとって良い成分がたっぷりと配合されています。

リニューアル前のものと比べ、まついく成分であるポリアミンは2倍に増えたにも関わらず、栄養成分を減らすことなく1日に飲む粒数は3粒から2粒に減り日々の負担を軽減させました。

まつ毛の他にも細胞を活性化する成分もたっぷりと含まれているため、肌や髪ツヤが良くなったという口コミもみられます。

日々続けることで体のメンテナンスにも効果があると言われているバンビウィンクは試してみる価値があります。